HPの土台を作る

ホームページの作り方

HTMLファイルの作成

HTMLファイルを新規作成

HTMLファイルは、ホームページ作成ソフトでページの新規作成をすると自動的に作られています。(ソフトによって違います・・)

ホームページ作成ソフトで新規ページを作成した場合、次のような記載がされたページが作成されていることを確認してください。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />
<title>無題ドキュメント</title>
</head>

<body>
</body>
</html>

HTMLが表示されないとき

編集モードを変える

ホームページ作成ソフトの編集モードがWYSIWYG型になっている時は表示されません。
こんな時は編集モードをTAG型に切り替えてみましょう。「エディタモード」「ソース」「ソースを表示」などのボタンを押すと、HTMLソースが表示できます。

使用しているソフトなどによっては、記載内容が若干違うことがありますが、非常に古いソフトでなければ大丈夫でしょう。

コピーしてペースト

シンプルなホームページ作成ソフトでは、表示されないことがあるので、上記の内容をコピーして貼り付ければ問題ありません。

HTMLファイルを保存

最後に、新規作成したページをwebsiteフォルダに「template.htm」のファイル名で保存します。(templateの部分は半角英数字なら何でもよいです)

recommend


アシックス商事株式会社の情報


法人リスト 販売

ページトップへ