HPの土台を作る

ホームページの作り方

HPの土台を作る

ホームページを作り始めると、たくさんのファイルができます。そのファイルの管理をきっちりとできるように、保存用のフォルダを作ったり、ホームページ作成の始まりとなるXHTML(HTML)を記載しましょう。  

データの保存先フォルダを作る

ホームページを作り始めると、HTMLファイルや画像ファイルなどが、たくさん増えてきます。適当に保存しているとどこにあるのかわからなくなったり、間違って削除してしまったり、何かとトラブルが起きるので、ホームページのデータをまとめて保存するためのフォルダを作っておきましょう。

マイドキュメントの中に、フォルダを新規作成しましょう。
(マイドキュメント>ファイル>新規作成>フォルダ)

ホームページ作成ソフトによっては、ツールバーのファイルから「サイトを新規作成」などでフォルダを作ることが可能です。

フォルダ名は「website」など、後からわかる名前にしましょう。

画像フォルダを作る

ホームページを作り始めると次々に増えてくるのがのが画像です。ホームページデータのフォルダ(website)の中に、もう一つフィルダを作り、HTMLファイルとは別に画像ファイルだけを保存するフォルダを作っておきましょう。

必ず作らなくてはいけないものではありませんが、画像ファイルを別のフォルダにまとめて保存した方が管理がしやすいです。

作り方は簡単です。先ほど作った「website」のフォルダを開いて、もう一度、新規作成でフォルダを作り、フォルダ名を「img」にします。(フォルダ名は半角英数字なら何でも良いですが、今回は分かりやすく「img」にしてください)

Favorite

ポスティング・チラシ配布業者ランキング(広告代理店・折込業者向け)

ページトップへ